FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > クルパラ劇場その3 不人気職と呼ばないで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > クルパラ劇場その3 不人気職と呼ばないで

Home > Novel > クルパラ劇場その3 不人気職と呼ばないで

クルパラ劇場その3 不人気職と呼ばないで

web拍手 おまけSS

・パラ娘=クリス。槍パラディン。趣味はファッション(ただし下着のみ)。

・クルセ娘=アルフィーリア。献身GXクルセ。趣味は精錬と修練。




 クリスがクルセイダー女子寮の自分の部屋に戻ると、ルームメイトの机の上には山のようにプレゼントの箱が詰まれていた。ふと、一足遅いクリスマスプレゼントかと思ったが、今日が彼女の誕生日であることに気づく。



「あー忘れてた、悪い。今から私も誕生日プレゼントを買ってくる」

「あ、いや、気を遣わなくていいぞ」

「そういう訳にもいかん。んー、プレゼントの定番っつったら、ひかりものか?」



「ひかりもの? ……寿司か?」

「なわけないだろ!」



 クリスは思わず相方にツッコミを入れたが、反応はない。本気で言ったようだ。



「ひかりものといったら、ほら、あれだ」

クリスは指輪をイメージして親指と人差し指で丸をつくる。



「ゼ、ゼニー!?」

「いや、金でもなくて」



 アルフィーリアは考え込む。

「……うーむ。ああ、そうだ、ひかりものといったらあれか」

「分かったか?」



 アルフィーリアは壁に立てかけられたクリスの槍コレクションを指さした。



「武器のことだな!」

「なわけあるかー!」

 腹にツッコミを入れると、女の子らしい肌触りとはほど遠い、引き締まった腹筋の弾力が帰ってきた。



「指輪とかアクセサリーのことを、世間ではひかりものと呼ぶのだ」

「あ……ああ、なるほど」



「お互い縁遠いな……」

「そうだな……」



 しけった空気を吹き飛ばすようにクリスが明るく言った。

「ようし、プレゼントに勝負下着を買ってやろう」

「そ、それは遠慮しておく」



「お前、この間はせっかく店に連れてったのに何も買わなかったじゃないか」

「いや、使い道が……」



「普段使いでおk」

「ちょっとそれは……」



「でだ。それで、ブラジャーのサイズはいくつだ?」

「……」





[>その4へ

Home > Novel > クルパラ劇場その3 不人気職と呼ばないで

ダウンロード販売中
ツンツン嫁の正しい飼い方
絵倉庫
Links
Others
全記事を表示する
最新記事のRSS
管理者ページ

クルパラ同盟


Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。