FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > WIZプリSS(未完)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > WIZプリSS(未完)

Home > Novel > WIZプリSS(未完)

WIZプリSS(未完)

フォルダをあさっていたら恥ずかしいWIZプリSSが出てきたので載せておきます。
友達と軽~いSS付きCG集を出そうとしたもののお互い挫折したものの名残です。


「もー、ばかばかばかばかっ」
 プリ子はさっきから、ふくれっつらで俺の前を歩いている。
 無理もない。俺が狩り場で、魔法の詠唱を間違えて死なせてしまったのだ。ショートカットの打ち間違いってやつだ。まさかあそこでフロストノヴァが出るとはな。
 体力の少ないウィザードである俺が、プリーストに先に死なれて生き延びられるはずもなく……結局、ふたりで死に戻ってしまった。
「護れなくて悪かった。俺のせいだ。すまん」
 さっきから謝り倒しているのだが、プリ子はムクれたままだ。
「知りませんッ」
 アルデバランの人混みをかき分けながら、俺はプリ子に謝る。プリ子は紅い頬を膨らませたままで、隣に並んでも、こっちを見向きもしない。怒った顔も結構好きなのだが、それを今言ったら怒り狂うだろうな。
 さて、どうやって機嫌を直してもらうか……。
 コイツは甘いモノが好きだから、ケンカの後はお菓子を買ってくればたいてい機嫌は直る。
 問題は、前回もこの街でひとくちケーキとキャンディを買って仲直りしたというところだろうか。連続で同じ手は使えまい。
 プリ子は宿屋の部屋に入り、俺を廊下に残してドアを閉めてしまった。
 俺は扉を叩く。
「おーい、入れてくれ。俺が悪かったってば」
 中はしんとしていて、プリ子がドアを開けてくれる気配はない。長期戦になりそうだ。
「……もう知らん、今夜は別の所に泊まるからな」
 俺はそう宣言して、宿屋を出た。
 予約している部屋の窓を見上げると、プリ子がこっちを見ていた。が、サッと奥へ引っ込んでしまった。なんだかんだで気にはしてくれているらしい。
 俺はその様子を見て、心の奥底でほくそ笑んだ。

【未完】

------------------
※注)このあとエッチして仲直りする予定 で し た
------------------

Home > Novel > WIZプリSS(未完)

ダウンロード販売中
ツンツン嫁の正しい飼い方
絵倉庫
Links
Others
全記事を表示する
最新記事のRSS
管理者ページ

クルパラ同盟


Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。