FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > [18禁]C81 アクビさん輪姦本サンプル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > [18禁]C81 アクビさん輪姦本サンプル

Home > For Adult > [18禁]C81 アクビさん輪姦本サンプル

[18禁]C81 アクビさん輪姦本サンプル

白金堂のすいすいさんとの合同誌、アクビさん輪姦小説本のサンプルです。
とらのあなさんで予約受付中です。
※Webサンプルは横書きですが、実際は文庫サイズ・縦書きです。

あらすじ: サマーキャンプのパワースポットで育ったアークビジョップ・アニス。彼女は胸をときめかせて初めての臨時公平に参加し、タナトスタワー・通称『魔棚』でデビューする。しかし、ロクに支援ができずに怒りのパーティーメンバー達に輪姦されてしまう。



「おい、最初は俺でいいよな? 一番デスペナってんだからよォ」

 メンバーはニヤニヤ笑って同意し、あるいは何か言いたそうにしつつも口を噤(つぐ)んだ。

(嫌(や)だ、最初って、最初は俺って……何……?)

 ルーンナイトがズボンのチャックを下ろし、起立した肉棒を取り出した。アニスの目はそれに釘付けになる。生まれて初めて見る男性器は赤黒く、臓器のようにグロテスクだった。
 白いガーターベルトに包まれたアニスの太股を大きな手で掴み、その間にルーンナイトが身体を割り入れた。 
 堅く閉じた花びらが乱暴に指で押し広げられ、敏感な粘膜に痛みが走った。

「……痛い……ッ」

 震える声でアニスが叫ぶと、ルーンナイトがせせら笑った。

「デスペナよりは全然痛くねぇだろーがよ」

 そして、肉棒の矛先をアニスの太股の奥へと向け、ろくに濡れていない秘所にこじ入れた。

「……ッ」

 入り口に熱い痛みが走った。小さく焼けるような痛みだったが、ルーンナイトが体重をかけるに従って激痛へと変わっていく。生まれてから指一本さえ入れたことのない体内を、ひきつるような痛みと共に他者が押し入ってくる。

「……ぃ、痛い痛い痛いぃ……ッ」

 アニスは自分の身体が、めりッ、ときしむような音を聞いた。
 もはや羞恥心や屈辱といった思いは消え、頭の中が痛みのことだけでいっぱいになり、今まで以上にアニスは暴れた。ロイヤルガードとアークビジョップが、慌ててアニスを押さえる。唯一、床に貼り付けにされていない両足が、ルーンナイトに抱えられた脇の下でばたばたと虚しく空を蹴った。

「ぬ、抜いて……抜いてぇッ……痛いのぉ……ッ!」

 ふと、暖かいものがアニスのお尻へと伝っていった。焼けるような痛みの中、純血の赤いしるしが一筋、ふた筋の流れとなって床へと垂れていく。
 ルーンナイトは嗜虐的な表情で口の端をつり上げて笑った。アニスの太股を両脇に抱え込んで言う。

「へっ、処女かー。ほんと、狩り処女で、こっちは処女じゃねーとかだったら許さねぇとこだったぜ」
「狩り処女……? ああ、狩りをしたことがないからですか。うまいこと言いますね」
 ウォーロックが本気で感心したように言う。修羅が笑いながら口を出す。
「うはぁ、羨ましー。俺ももっとデスペナっとけば良かったわ」
「馬鹿、一番デスペナってんのはリーダーだろ?」

 男達が歓談する様子に、アニスはさらに傷ついた。誰も助けてくれないどころか、みんな笑っている。狩りの間にはない笑顔だった。みんな、アニスを傷付けて楽しんでいる。
 その間も、狭い膣内を無理矢理掘り下げるようにルーンナイトの肉槍は進む。未開の秘所をぎちぎちと音を立てながら侵されていくのをアニスは感じた。

(わたし……こんなところで……全然好きでもない人と……)

 アニスは喪失感に襲われた。
 目の前がかすんで暗くなっていく。

 冒険者としてルーンミッドガッツ王国に降りたってから二週間。真夏の暑い盛りのサマーキャンプで、いろんな冒険者に混じって巡ったパワースポット。ゆくゆくはみんなの役に立つ支援になるんだと、将来の夢と希望を描いて走り続けてきた。でも、現実は違った。そこには、狩りの経験が全くない、支援のできない聖職者が出来上がっただけだ。

 思わず涙がこぼれた。

 ロイヤルガードが口内から指を引き抜くと、頬を伝う大粒を拭って、アニスの頬にすり付けるようにして拭いた。誰からも慰めの言葉はない。

(い、痛い……痛いよぉ……ッ)

 すっかり動かなくなって嗚咽を続けるアニスの上で、ルーンナイトが腰を前後に振り続ける。他のメンバーはアニスの肌を撫でたり揉んだりしながら、それを眺めている。ルーンナイトが上機嫌で言った。

「結構きついな。じっくり広げねぇと」

 ルーンナイトが自身を引き抜く。挿入時ほどではないものの、身体に摩擦痛が走る。
 酸っぱい汗の匂いと、鉄の匂いが鼻先をかすめた。目線を下げると、ルーンナイトの赤い肉棒に、さらに赤いアニスの鮮血が糸のように絡みついている。
 自分の中にぽっかりと穴が開いたようで、入れ替わりに冷たい空気が流れ込んできた。それが傷口にひやりと触れる。

 それも一瞬のことで、すぐにルーンナイトがアニスの中に押し入ってきた。
 乱暴にぐりぐりと入ってくるペニスと共に、体内に再び激痛が走る。

「や、やだ、もういいでしょ? 入れたんだから終わりでしょ!?」

 アニスが涙目で叫んだが、ルーンナイトはニヤニヤ笑っている。


(本編へつづく)

Home > For Adult > [18禁]C81 アクビさん輪姦本サンプル

ダウンロード販売中
ツンツン嫁の正しい飼い方
絵倉庫
Links
Others
全記事を表示する
最新記事のRSS
管理者ページ

クルパラ同盟


Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。